新しい世界を求めて


by ttrj

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
上高地
アルプス

夕景




航空ショー
夕陽

紅葉

イルミ
雪景色

鉄道
機械鳥
世界遺産

渓谷
イベント
涸沢

美味
野鳥
東京
星空

星野
空港
未分類

最新の記事

B4
at 2016-10-11 21:31
行ったぞ!関空
at 2016-10-10 21:58
久々に星が
at 2016-10-08 16:59
久々のJA604A
at 2016-09-18 21:48
北アメリカ
at 2016-09-04 07:08
時間かかりました
at 2016-07-05 23:44
七夕近し
at 2016-07-05 00:08
予定より早く
at 2016-07-03 23:13
飛びもの
at 2016-07-02 07:49
あじさい
at 2016-07-02 07:08

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 01月

フォロー中のブログ

On(恩)& Off
Final Impres...
Capu-photo D...
さてもさての見て歩き

外部リンク

最新のコメント

「野田さん」の意味がわか..
by ttrj at 22:28
こんにちは 遅くなりま..
by km0103 at 07:48
わかりました、有難うござ..
by yuruteturyojyou at 16:22
コメントありがとうござい..
by ttrj at 21:45
はじめましてヒトミといい..
by yuruteturyojyou at 14:12
梅雨明けから、いい天気の..
by ttrj at 21:57
今晩は。 それは想像し..
by ttrj at 21:56
こんにちは そう言えば..
by km0103 at 15:36
こんにちは 今年は一度..
by km0103 at 07:37
今晩は。 ですね、なか..
by ttrj at 20:00

ライフログ

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

鉄道・飛行機
登山

画像一覧

山小屋物語

この話、書いたかな、と探してみましたが、どうも書いていなかったような(もし書いていたらダブりですが)。

先日槍沢に行った際、初日(前夜より)は確か仮眠もなく、そのまま槍沢ロッジへ。

寝付くまでは強い眠気はなかった様な。夕食が終わって、外は雨だったし、そこは景色があるところではないので、消灯まで(というか朝まで)することなしですな。

e0217511_23305171.jpg


で、指定された寝床(この季節なので、まあまあ広い感じ)で、横になっていると、知らぬ間に寝ていました、まだ6時過ぎなのに。

小屋の消灯は20:30 暑くも寒くもなく、寝ていたわけですが、ふと、目が覚めた時、まだ暗かったのですが、午前3時か、そのくらいだと思って、時計を見たら、21・・という数字が、いや、標高表示になっていないはずだし、おかしい(暗いし、眼鏡をかけないとよく見えない状態ではあったのですが)。

いえ、21時13分だったでしょうか、消灯直後じゃないか、ええ??

その事実を知ってから、眠気は無くなり、暗闇の中、回りはぐっすり寝ている、まさか、これで朝まで寝られない状況となることを想像すると恐ろしいことに。

まさか、こんなところにコンビニがあるわけではないし、テレビやっているわけではないし。

e0217511_2344434.jpg


考えるのは暗くてよく見えないところで寝られないでいること、そして、やがてはお腹が減って来ること、そして、回りの人には音をたてたり、ランプなど点けたりして、迷惑をかけることはできないことと、ますます不安とその場に居たくない気持ちが高まってきます。

その寝床を抜け出すにはちょっと勇気?と手間がかかります。

以前にもそのような経験があり、大変困ったことがあり、それ以来、寝ている付近にはそのようなときのための準備はしているのですが、なかなかすぐには脱出できません。

やっとの思いで、必要物を手にして、そこを抜け出した時は、それなりの安ど感が。まず、トイレにですが、この小屋は発電設備があるため、真っ暗にはならないらしい、助かります。

それでザックの中にあるはずのコンビニおにぎりを手探りで探し(コンビニ袋がガサガサ、静かな小屋内に響きます)、やっと見つかり、まずはお腹に。

他にも何人か、そのような方がいらっしゃって、うろうろしています。もちろん携帯も繋がらないし、ヒマをつぶすのに苦労しました、ゲームしたりして。

何とか目が疲れて眠気が来ないかと、結果1時間半くらいで、かすかな眠気がやってきて、それにすべてをかけるつもりで寝床にカムバック。

場所を確認するのも照明を使えないし、他の方の顔や手を踏んでもこまるので、若干手探り状態で、自分の寝るべき位置を特定し、何とか寝床に入ることに成功。で、皆さんが起きるまで寝ることができ、よかった・・・。

この小屋から槍へ向かう方がほとんどで、4時前には出発準備、短時間で出発という方が多くいて、特徴的だなあと。朝食は5時よりで、4時半くらいには照明が点き、5時前に館内放送が。

ということで、自由の効かない山小屋での早すぎる?目覚めは大変苦しいものです。ぐっすり眠れる人がうらやましい!
[PR]
by ttrj | 2012-09-15 00:00 | 上高地 | Comments(0)